Now Loading

「職人商社」を貫き約半世紀。

伝統を受け継ぎ、 さらに進化して

歩み続けています。

ごあいさつ

当社は配管材料の卸売業として、昭和64年に創業いたしました。その後、空調機やポンプ、衛生陶器、キッチン、ユニットバスなどの設備機器の卸売りをはじめたのと同時にエアコン部材、空調部材の販売に力を入れ、地元における空調部材商社としての地位を確立してまいりました。皆様に長い年月をかけて育てていただいたと感謝いたしております。

 平成に入り、従来の商社としての商いに加え、工事の請負事業に着手することになります。その背景には管材商社としては新参ものであった当社には絶対的有利な商材はなく、卸売業としての限界を感じ、将来的に明るい兆しがまるで見いだせない状況でした。

建設業の許可を取得し、管工事に必要な資格を社員総出で取得していきました。平成18年に初めて金沢市発注の管工事を受注します。それをきっかけに金沢市、石川県発注の管工事を次々に受注していきました。当社の工事に対する強みは管材に対する知識が豊富で、用途に応じた最善の材料を選定することにより、工事自体の完成品質を高めること、また自社で多くの材料を保有していますので、急を要する万が一の場合は24時間体制での対応が物理的に可能なこと、また何よりメーカーより直接、機器や材料を仕入ることができる代理店の立場であるため、お客様に価格の面では大きなメリットをアッピールできることにあります。
当社は特にご近所の皆様方に愛される地域に根差した企業でありたいと考えています。簡単な水漏れ等のご相談をよくいただきます。お客様でも修理できるような簡単な修繕の場合は工具を無償で貸し出し、現地で修繕の指導も無償で行っています。長い年月をかけて地元の方々に恩返しができ、皆様から信頼される企業になりたいと切に願っています。

当社でもITの活用は今後のカギを握るキーワードとして捉えています。いち早く空調部材をインターネットで販売するサイト、“空調.com”を立ち上げました。初年度の売り上げは50万円くらいでしたが、2年目は500万円、3年目は1,000万円と大きな伸びを見せました。もちろん、そうなるための努力は惜しみませんでしたが、今後もやり方次第で大きな可能性を秘めていると思います。当社のどこにも負けない得意な商材を破格で提供することで、皆様にご利用いただきたいと考えています。その後、“業務エアコン.com”を立ち上げ、業務エアコンの販売と工事の請負を始めました。大きな買い物をインターネットですることは、まだまだ多くの方々に抵抗はあると思いますが、信頼いただけるよう努力してまいります。“キレイキッチン.com”、“キレイバス.com”、“キレイトイレ.com”も次々に立ち上げました。全国のお客様が地元のショールームで商品を実際に見て、聞いて、触れてお選びいただいたものをネット販売するという仕組みです。絶対安いというのが魅力です。是非ご利用いただきたいと存じます。

水廻りのリフォームを足掛かりに建築事業にも進出しました。1級建築士、2級建築士の資格を保有し、設計事務所の開設も行いました。商社として得意なキッチン、ユニットバス、トイレのリフォームといった機能型のリフォームはもちろんのこと、デザインを重視した、内装リフォームや中古住宅のリノベーションにも力を入れています。絶対素敵がモットーです。人間国宝の友禅図案を利用した襖の製作や障子も和風モダンを中心にデザインからお引き受けいたします。アンティークシャンデリアを利用した欧風のリフォームも得意です。是非当社にご相談いただければと存じます。

平成24年度にはランニングコストを抑えたロードヒーティングの開発に着手しました。
金沢市では地盤沈下の恐れがあるという理由で、融雪のための井戸を追加で掘ることは条例で禁止されています。㈱ジェイ・エス・エス、石川県工業試験場の協力を仰ぎ、これは最高のものができたと自負いたしております。ロードヒーティングの最善の制御は場所によって左右されます。多くの状況を鑑みた中で最善の制御ができるように、従来型のロードヒーティングの機能にさらに多くのセンサーを追加搭載いたしました。もちろんパソコン、スマートホーンから赤外線ネットワークカメラを通して現地の確認、ON.OFF外部操作、故障通知メール等多くの機能を兼ね備えています。金沢市の公共施設にもご採用いただいております。路面凍結、積雪による事故等の防止に繋げ、皆様が安心して暮らせるまちづくりにも寄与していきたいと考えています。

平成25年には高齢者見守り自動検針システムの開発に乗り出しました。唯一自治体が保有する公共のインフラである水道メーターを利用し、高齢者を対象として、ある一定の期間、水道の使用がない場合は各所にメール通知するといったサービスです。また水道の自動検針機能も兼ね備えています。この水道メーターの利用に関する開発は今まで何社かが取り組みをなされています。しかしながらまだまだ開発の余地があると当社は考えています。一部特許の申請も済ませています。試作品はすでに設置済みでデーター収集を重ね、改良し、必ずいい商品を作りあげます。

 会社としても個人としても地域の皆様やお客様と心をひとつにし、常に新しいことに取り組むことが大切だと考えています。
常に変化しているこの社会において、停滞は衰退の一途をたどると考えます。考える、常に考え実践する。これがIZUTSUです。IZUTSUは絶対に結果を出す企業を目指します。
今後ともご支援賜れば幸いです。
One heart 心をひとつに。もっと未来へ。

井筒管材株式会社
代表取締役社長 村西 暢之

企業理念

我々の使命は顧客に最高品質の商品とサービスを提供することを通して、満足を与え、業界の社会的地位を向上させ、人々の生活の創造に貢献することにある。それは同時に我々の物心両面の豊かさを追求するものである。

社会への責任

業界の一躍を担い、広く社会に貢献する企業になることを目指す。

顧客への責任

我々は常に顧客の繁栄を第一に考え、すべての業務を遂行する。

社員への責任

我々はお互いを仲間として尊重し、相互に助け合い、如何なる世界でも通用する真の実力を身につける。

顧客満足

会社沿革・概要

沿革

昭和56年04月 個人経営として創業
昭和59年04月 金沢市黒田町(現社屋)に移転
昭和64年01月 井筒管材株式会社を設立
平成07年04月 第二倉庫を新設
平成10年10月 第三倉庫を新設
平成17年07月 建設業許可(管工事業)取得
平成21年4月 ネット事業部開設
平成25年09月 建設業許可(機械器具設置工事業)取得
平成26年03月 建設業許可(建設工事業)取得
平成28年02月 一級建築士事務所の開設

井筒管材株式会社の前身である井筒屋創業風景

会社概要

名 称 井筒管材株式会社
所在地 石川県金沢市黒田2丁目15番地1
電 話 076-249-3151
FAX 076-249-3495
設 立 昭和64年1月
資本金 1000万円
代表者 代表取締役社長 村西暢之